IPカメラシステム

高精細映像で機能豊富なIPカメラと、
大容量HDD搭載で長期間録画に対応したNVR(ネットワークビデオレコーダー)の組合せで
ハイエンドなセキュリティシステムを構築します。
顔認証による入退室管理や車番認識での顧客情報抽出など、
映像を使ったビジネスソリューションに多用されており、ますます可能性が広がっています。

IPカメラ
KB-Nシリーズ

低照度環境でのカラー撮影に対応するVCA搭載のハイエンドモデル

業界初!標準5年保証ケービデバイスでは、型番KBで始まる自社製品については、5年間は無償で修理を行います。(センドバック方式)

主な機能

電動ズームレンズ搭載

「電動ズームレンズ」の搭載(KB-N320Aを除きます)により、PCやNVR(ネットワークビデオレコーダー)から画角を調整することができます。「オートフォーカス機能」により、ピント調整は不要。ピント合わせに要していた時間が短縮できます。

ROI機能

対象領域を指定して映像の圧縮率を変える「ROI(Region of Interest)機能」。圧縮率が低いほど画質は鮮明になりますが、画面全体を高画質に設定するとファイルサイズが大きくなります。そこで、人が頻繁に通る領域は高画質に、動きのない領域は低画質に指定するなど、データ量を抑えながら効率の良い映像を配信します。

ROI設定ON・OFFの比較

高性能IR投光器

肉眼では見えないIR(赤外線)を照射して、被写体の照射不足を補う「IR投光器」。屋外用IP カメラには「高性能IR 投光器」を搭載しており、赤外線照射することで全く光のない暗闇でも鮮明な映像を映し出します。また、照射の強さを自動調整する「スマートIR 機能」により、被写体の白飛びを防ぎます。

従来のIR機能とスマートIR機能の比較

VCA(映像解析技術)搭載

「侵入検知」「いたずら検知」「モーション検知」機能を標準で搭載。映像の中で検知対象物をマークしてオブジェクトサイズを指定することで、蓄積した録画データから対象物を検出し、リアルタイムで通知します。

オブジェクト検出画面・オブジェクトサイズ設定画面

デイ&ナイト機能

昼間など明るい環境ではカラー映像、夜間など暗くなるとモノクロ映像に自動的に切り換える「デイ& ナイト機能」を搭載。
暗い環境でモノクロ映像にすることで明度を向上させ、被写体をクリアに映し出します。

その他多彩な機能

屋外用IPカメラはJIS規格のIP66に準拠。台風などの激しい雨でも浸水のおそれのない防水性能や高い防塵性を保ちます。
映像に生じたノイズを除去する「3DNR 機能」、特定の箇所をブロック・マスキングする「プライバシーマスク機能」、被写体が動いたときのみ撮影する「録画動体検知機能」など、多彩な機能を搭載し、さまざまな撮影シーンに対応します。

ネットワークビデオレコーダー KB-SRIPシリーズ

かんたん接続で最大32CH入力 4K、H.265対応のハイエンドレコーダー

業界初!標準5年保証ケービデバイスでは、型番KBで始まる自社製品については、5年間は無償で修理を行います。(センドバック方式)

主な機能

大容量HDD搭載

KB-SRIP32A(32CH)は8TB、KB-SRIP08A(8CH)は4TB、KB-SRIP04A(4CH)は2TBの大容量HDDを標準搭載。
32CHモデルは最大32TBまで増設可能、8CHモデルは最大8TB、4CHモデルは最大4TBまで増設可能で、超高精細映像を長期保存します。

録画日数表(目安)

録画日数表

【計算条件】
■ HDD 容量:2TB ■ カメラ:1台 ■ 音声記録なし ※当社IPカメラ(KB-Nシリーズ)接続の場合 ※録画時間は接続するカメラの被写体の動きによって変動します。上記の一覧表は目安であり、録画時間を保証するものではありません。 ※音声を録音する場合は、上記の時間よりも録画時間が身近くなります

4Kカメラ対応

4K(800万画素)のカメラ接続と4Kディスプレイ出力に対応。従来のFull HD(200万画素)の4倍の解像度の映像を録画できるため、広範囲の撮影を1台のカメラでカバーし、高精細映像をモニターに表示します。

4kとFull HDの比較

H.265対応で長時間録画を実現

進化した映像圧縮技術H.265により、データ量を従来のH.264よりも更に圧縮(当社指定カメラに限る)。
高精細映像の保存期間が向上しました。

PoEポート内蔵

全モデルでPoEポートを標準搭載。(KB-SRIP32Aは16ポート)
レコーダーからIPカメラに電源を供給します。

カメラ自動検索機能

導入時の設定がスムーズに行える「カメラ自動検索」機能を搭載。
当社指定のIPカメラをLANケーブルで接続し、設定画面で簡単な操作を行うだけでIPアドレスが自動割当(DHCP排出)され、設定が完了します。
IPカメラ導入時の煩わしい固定アドレス設定が不要で、作業工数を削減できます。

DDNS対応で遠隔接続をサポート

DDNS(Dynamic Domain Name System)サービス(無償)を利用することで、ブラウザからレコーダーに遠隔接続して、ライブモニタリング、録画映像の検索・再生、データのダウンロードなどが容易に行えます。

お問合せはこちら
トップへ